働く女性のストレスと悩みを解消しよう!
活躍したい女性のための転職ラボ

結婚生活と両立できる会社を選ぶ!ワークバランスも転職のポイントです

結婚生活と両立できる会社選び

LINEで送る

結婚後のビジョンを明確にする

結婚した後も仕事を続けるのか、辞めて家庭に入るのか。これは、男性には無い選択肢です。
社会で働く上では、女性であっても残業をしなければならない局面もあるでしょうし、休日出勤などが発生する場合もあるでしょう。能力を発揮して活躍したいと思う女性であれば、尚のこと、定時で帰ることも少なくなるかもしれません。体力的にも精神的にもつらいこともあるでしょう。しかし、やらされている仕事ではなく、自ら働きたいという意志を持って取り組んでいる以上、責任が重くなるだけ、やりがいもひとしおです。そうしてコツコツと積み上げてきたキャリアを途中で諦めたくない、と思う女性も多いでしょう。
結婚後も働き続けるにあたって、価値観は人それぞれ違います。結婚生活と仕事について求めるバランスも違うでしょう。本人の意思というよりも、経済的な理由により働かざるをえないという女性も多くいます。
仕事と結婚生活をうまく両立するには、自分が今後どのように働いていきたいのか、どのような結婚生活を送りたいのか、子供はつくるのか、具体的に何歳まで働きたいのかといったビジョンについて、まず自分自身で明確にし、自覚を持つことから始まります。

パートナーと人生観を共有する

結婚相手であるパートナーと、お互いの人生観を本当の意味で理解し合い、共有することが何よりも大切です。あなたが仕事を続けることを応援してくれる男性なのか、そうではないのか。お互いに自立した関係を築きたいという男性もいれば、家庭に入って家をしっかり守ってほしいと望む男性もいます。それはパートナーが持つ価値観であり、人生観です。逆に、女性にも人生観なり価値観が存在します。どちらかがどちらかの人生観を押し付けるのではなく、お互いに納得し合えることが大切です。

自分のワークライフバランスに合う会社で働く

結婚しても今までどおり仕事を優先したいと思うのであれば、会社を変える必要もないでしょう。しかし、結婚後はあくまでも家庭を中心にし、仕事は今までよりもペースダウンしたいと思うのであれば、転職も含めて、そのバランスが叶う職場環境を手に入れる必要があるでしょう。
家庭を中心にするとういことは、仕事にむける比重は減るということ。
自分の希望がすべて兼ね備わっている会社など存在しないと思うことも必要です。何かを妥協し、折り合いをつけることも必要になるでしょう。独身時代に比べて制限されるものが出てくるかもしれませんが、家庭を守る為には仕方ないのかもしれません。希望する会社に転職するには、自身のスキルと能力が相応に備わっている必要もあるでしょう。

おすすめ記事